カテゴリ:長野県( 195 )

イワウチワ その2

イワウチワ (岩団扇)
いい構図になりそうと思うとすぐに撮ってしまうので、枚数が多くなってしまいます。
実際には作品になりそうな画像は一枚あるかどうかなのですが・・・
でも木の根っこの隙間を縫うようにして歩くのは臆病な私には大変なのですが
いい雰囲気に咲いている様子に魅入られて、いい時を過ごせました。

e0091347_21271364.jpg
e0091347_21273969.jpg
e0091347_21275195.jpg
e0091347_2128117.jpg
e0091347_2128989.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2016-04-24 10:13 | 長野県

イワウチワ  その1

イワウチワ (岩団扇) 
本州中国地方以北の山地の日陰で、林下や岩場などに生えるイワウメ科の常緑多年草です。
草丈5cm~ 15cm程、花径2.5~3cm、花弁は 5 枚で、先がギザギザに裂けています。
花の色は普通は淡紅色で、白花もあります。
花言葉は「春の使者」です。

群生して咲いているところもありますが、
私はこの場所のように大木の根から芽をだしているように見えるそんな情景が好きです。

e0091347_20145917.jpg

e0091347_20152824.jpg
e0091347_20154095.jpg
e0091347_20155221.jpg
e0091347_2016797.jpg
e0091347_20162878.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2016-04-23 20:13 | 長野県

渓谷の紅葉

紅葉
久し振りに紅葉を撮りに出かけました。
野草だけを撮っていたので本当に久し振りの紅葉撮影です。
ここの紅葉は本当に素晴らしかったです。
且つ、渓谷の水の色はコバルトブルー、ちょっと贅沢な景色ですね。

e0091347_17515750.jpg
e0091347_175293.jpg
e0091347_17522042.jpg
e0091347_175231100.jpg
e0091347_17523881.jpg
e0091347_17524983.jpg
e0091347_17525766.jpg
e0091347_1753728.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-11-12 17:54 | 長野県

セキヤノアキチョウジ

セキヤノアキチョウジ  (関屋の秋丁字)
林の縁などに咲いるシソ科の多年草です。
透き通るようなブルーが大変キレイです。
アキチョウジの名前は秋になって丁子に似た花が咲くことからつき、
セキヤは箱根に多く見られることから関所の番小屋、関屋の秋丁子と呼んだのだそうです。
花言葉は「秘めやかな思い」です。

群生していたのですが、この花は大変撮りにくい花です。
花数が多いだけにピントが合わせにくく、構図も思うようにはいきません。
撮るのが苦手な花のひとつです(苦笑)

e0091347_16525365.jpg
e0091347_1653746.jpg
e0091347_16532339.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-10-19 16:54 | 長野県

木曽に咲く秋の野草

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
日当たりのよい山地によく見られるキク科の多年草です。
和名のアキノキリンソウは花の咲く頃は茎の下部の葉が枯れ落ちるので、その様をキリンの足に例えたようですが、
実際にはそれほど枯れてはいません。
花言葉は「幸せな人生、用心、予防」です。

渓谷で、コバルトブルーの川面をバックに撮る事ができました。
e0091347_1855971.jpg
e0091347_18551952.jpg
e0091347_18553313.jpg


アケボノソウ (曙草)
いつもこの場所にはダイモンジソウを撮りにくるのですが、
良く見るとアケボノソウが・・・予想外の花に出会えるのはいいですね。
e0091347_18582883.jpg


ノコンギク   野紺菊)
日当たりの良い山野に普通に見られるキク科の多年草です。
葉の広いもの狭いもの、舌状花の色の変化など、たくさんの変種があります。
ノコンギクは「野にある紺色のキク」の意味なのですが、花色は、かなり変化があって、紺色の濃いものから、
白色に近いものまであります。
名前はキクの仲間で紺色の花を咲かせるのでノコンギクと言われています。
花言葉は「忘れられない想い」です。

e0091347_1905770.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-10-13 06:51 | 長野県

木曽に咲くダイモンジソウ

ダイモンジソウ (大文字草)
山地の沢沿いの岩場に「大の字」に似た花を付けるユキノシタ科の多年草です。
葉の色形、花の色形でさまざまな種類があり、「人の字」に似た人字草(ジンジソウ)もあります。
その他、葉にも明らかな違いがあります。
もちろん、名は「大」という字に似ているのでこの名前がついています。
花言葉は「不調和、自由」です。

岩肌にへばりつくように根をはやしたダイモンジソウです。

e0091347_8211962.jpg

e0091347_8255186.jpg
e0091347_8263568.jpg
e0091347_827034.jpg
e0091347_8271627.jpg
e0091347_8273298.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-10-12 08:29 | 長野県

スイレン (睡蓮)

スイレン (睡蓮)
スイレン科の水生多年草です。
日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生していますが、
ヒツジグサは通常言われているスイレンよりは花が小さいです。
一般的なスイレンは、いくつかの野生種を交配、品種改良し、作出された園芸種で、
日本全国の池や沼に広く分布しています。
ヒツジグサは白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われ、
睡蓮はヒツジグサの漢名で、一般にスイレン属の水生植物の総称として用いられています。
花言葉は「清純な心」です。
e0091347_924851.jpg
e0091347_9243038.jpg
e0091347_9244432.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-09-09 09:26 | 長野県

草原に咲く花 2

ヤナギラン (柳蘭)
場所は異なりますが、再び登場です。
バックの岩肌の見える山は一年程前に噴火し、現在も噴煙を出している白根山です。
ここを通る道は夕方5時以降は危険という事で通行不可能な道路です。
e0091347_7244530.jpg
e0091347_7251477.jpg
e0091347_725383.jpg


ヤマハハコ (山母子)
山地や高山帯の日当たりのよい草地に生える雌雄異株のキク科の多年草です。
草丈は60~80cmで、葉裏とともに灰白色の長い綿毛が密生しています。
山地で多く見られるのでこの名が付いています。
花言葉は「親子愛」です。

この花はそのままでも綺麗なドライフラワーになります。

e0091347_735182.jpg
e0091347_735501.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-09-08 07:37 | 長野県

草原に咲く花 1

ハナイカリ  (花碇)
山地の日当たりのよい草原に生える草丈20~30cmほどのリンドウ科の2年草です。
花の形が船の碇(イカリ)にそっくりなことからこの名が付いています。

タイトルを草原に咲くとしましたが、この時期の花は湿原でも草原でも咲いている花は同じですね。
場所により完全に風景のように撮れます。
ピントは花に合わせているのですが・・・
e0091347_21383237.jpg


エゾリンドウ (蝦夷竜胆)
志賀高原に咲くエゾリンドウです。
雰囲気が例年と変わりなく、物足りないので今回は下の方から撮ってみました。
e0091347_21415825.jpg
e0091347_21421143.jpg


アカツメグサ (赤詰草)
ヨーロッパ原産のマメ科の帰化植物で、マメ科の多年草です。
別名レッドクローバー、ムラサキツメグサ(紫詰草)とも言われ、シロツメクサに対して、赤いのでアカツメグサの名がついています。
花言葉は「愛らしさ」です。

道端でもよく見かける馴染みのある野草です。
e0091347_2145680.jpg


ウメバチソウ (梅鉢草)
志賀高原ではあまりに多く咲いているので、ゴチャゴチャになってしまい、雰囲気良く撮るのが難しいです。
この花はポツリポツリと咲いている方が可愛らしく、綺麗に見えるから不思議です。

e0091347_2149161.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-09-07 06:31 | 長野県

湿原に咲く秋の野草 3

エゾリンドウ (蝦夷竜胆)
北海道・本州近畿地方以北の山地や亜高山帯の草地や湿地に生えるリンドウ科の多年草です。
茎の高さ30~80cm程、葉は細長い楕円形、先は尖り、対生しています。
花言葉は「貞節、誠実」です。
e0091347_79272.jpg
e0091347_791052.jpg


ウメバチソウ(梅鉢草)
高原や日当たりのよい場所に生えるユキノシタ科の多年草です。
花径2cmほどの可愛らしい花ですが、アップにしてよくみると繊細な模様がついています。
この柄が梅鉢の紋に似ていることから、この名がついています。
花言葉は「いじらしい」です。

野草を風景的に撮る事に慣れてしまたようです。
レンズを替えて、花をもう少し大きく撮るべきでした。
e0091347_794378.jpg
e0091347_710611.jpg
e0091347_7101893.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-09-06 07:15 | 長野県