<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

思い出の花達 45

    シロバナムベ (白花郁子)
温暖な地域の林縁、又谷沿いや斜面下部などの水分を得やすい場所に生育する常緑のツル性のアケビ科のムベの白花です。
雄花と雌花の区別があり、雌雄同株で、花径は1.5~2cm程です。
秋にアケビに似たおいしい果実がなります、ただしアケビと異なって、果実は熟しても裂開しません
トキワアケビ(常磐通草)とも呼ばれています
名前の由来は昔、朝廷に果実を献上したので大贄(おにえ)または苞苴(おおむべ)といい、それがムベとなったということです。
白花は珍しく、画像では見たことがあるのですが、伊吹野で初めて出合いました。
花期は4~5月、花言葉は「愛嬌」です。
e0091347_1732372.jpg
e0091347_17323711.jpg

2009.4.22 伊吹山麓にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-30 17:35 | 伊吹山

思い出の花達 44

  ミスミソウ (三角草)
山地の岩場、湿地の周辺、草地に早春に生えるキンポウゲ科の多年草です。
名は艶のある葉が 3 つに別れて、先がちょっと尖り、トランプの「クラブ」に似ているためです。
別名をユキワリソウ(雪割草)と言い、これは早春、まだ雪が残っている 3 ~ 4 月頃咲くので、この名前がつけられています。
花言葉は「信頼」、花期は2月下旬~4月です。
去年はこの花にも初めて出会えました。今年もそろそろ咲く頃なのですが・・・
3枚目の花付きのいい花は後日、花の開いていそうな時に見に行ったのですが、盗掘にあい、残っていたのは落ち葉のつまった穴でした。
残念な事です。
e0091347_1837133.jpg
e0091347_18373154.jpg
e0091347_18381418.jpg

2009.2.3 石巻山周辺にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-29 18:43 | 東三河

思い出の花達 43

   ヒナノキンチャク〈雛の巾着〉
日当たりのよい山野に生えるヒメハギ科の1年草です。
草丈は7~15cm程、茎は根元から枝を分け、葉は薄く、卵円形または楕円形で、長さ1~3cm、ふちに鋸歯はありません。
枝先に黄色みのある淡紫色の花を総状につけ、花径は2mmと大変小さいです。
果実は扁円形で直径約3mm程、この果実を小さな巾着に見立てての名です。
花期は7~10月です。
大変小さい花ですので、教えられた場所を行きつ戻りつ、探すのに本当に苦労しました。
それだけに、見つかった時の感激は一入でしたが。
e0091347_19414567.jpg
e0091347_194257.jpg

2009.9.5伊吹山にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-28 19:44 | 伊吹山

思い出の花達 42

  シロバナネコノメ(白花猫の目)
谷沿い林内の陰湿地に生えるユキノシタ科の多年草。
草丈は10~20cm程、走出枝はよく発達して長く這い、萼裂片は白色、雄しべは8コ、葯は暗紅色です。
全体に白軟毛が多いのが特徴です。
花期は4~5月です。
この花に出会いたくて、必死で初めての湾岸高速を走りました。
道もわかりにくく、又途中から道幅も狭く、たどり着くのに少々大変でした。
でも出会えてよかったです。
e0091347_2074534.jpg

e0091347_208997.jpg

2009.3.24 小岐須渓谷にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-27 20:18 | リバイバル

思い出の花達 41

  ナンカイイワカガミ (南海岩鏡)
低山の林下に生育するイワウメ科の多年草です。
ヤマイワカガミの変種とされ、花は白色でときにわずかに紅色を帯びています。
資料によるとヤマカガミに比して鋸歯の数が3~6対と少なくて、葉の先端はとがるようですが、
個体差がかなりあるようで、実際区別が付けにくいです。
北山湿地に咲くこの花は市の環境部がナンカイイワカガミと同定しています。
e0091347_17261370.jpg
e0091347_17281664.jpg
e0091347_17285983.jpg

2009.4.12北山湿原にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-26 17:31 | リバイバル

思い出の花達 40

  コマクサ(駒草)
高山の砂礫地に自生するケシ科の高山植物です。
草丈5~15cm、全草は粉白色を帯びた緑色で、葉は無毛で細かく切れ込んでいます。
高山植物の女王と言われ、その花の形が馬 (駒) の顔に似ていることから、この名が付けられています。
花期は7~8月、花言葉はないとも「高嶺の花」とも言われています。
この花を撮っている時にある老婦人にお会いしました。
「アルプスを背景にコマクサを撮ろうとおもってね」とその方のこの言葉が私が広角レンズで野草を撮るきっかけになりました。
今年は私が是非撮ってみたいと思います。
e0091347_20222666.jpg
e0091347_20225863.jpg
e0091347_2023311.jpg

2009.7.11畳平にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-25 20:31 | 乗鞍岳

思い出の花達 39

  ハクサンイチゲ(白山一華)
高山の湿り気のある草原に生えるキンポウゲ科の多年草です。
日本を代表する高山植物の一つで、高山に登れば必ずといっていいほど見ることができるそうです。
草丈15cm位の花茎の先端に花径3cm程の白い梅のような花を3~5個ほど付けます。
花期は7~8月、花言葉は「幸せを招く花」です。
天候が不順だった為ようやくバスが運行される初日で、大変運がよかったようです。
この花があちこちに咲き始めていました。白いだけにやはり咲き始めが初々しく奇麗でした。
e0091347_17305490.jpg
e0091347_1731385.jpg
e0091347_17322067.jpg

2009.7.11畳平にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-23 17:39 | 乗鞍岳

思い出の花達 38

  ルイヨウボタン  (類葉牡丹)
山地の落葉樹林下に生えるメギ科の多年草です。
草丈30~70cm、茎は直立し、上で枝分れし、葉は3枚ずつの複葉で、先端の葉のみに柄があります。
花は茎の先の花序にまばらにつき、花径は1cm程、6枚の花弁のように見えるのは萼片です。
葉がボタン(牡丹)に似ていることからこの和名が付けられています。
花期は5~6月、花言葉は「感じやすい心」です。
この花に出会った時、私はこの花の存在をまだ知りませんでした。
こうした花に出会えるのも又嬉しいものです。今年はどんな花に出会えるのか楽しみです。
e0091347_1827955.jpg
e0091347_1828164.jpg

2009.5.10伊吹北尾根にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-22 18:32 | 伊吹山

春の野草

  コセリバオウレン(小芹葉黄連)
山地の林下に見られるキンポウゲ科の多年草です。
花径は6~7mm、草丈は6~7cmと大変小さいです。
太平洋側に分布するオウレンのうち、3回3出複葉という細かな切れこみのある葉を持つものは、コセリバオウレンと呼ばれて区別されています。
1回3出複葉はキクバオウレン、2回3出複葉はセリバオウレンです。
他のオウレンに比べると、花や葉の大きさをはじめ、全体に小さいのも特徴です。
コセリバオウレンが咲いているというので、やっと出かけてきました。
まだ咲き始めで、2輪咲いているものが1株、3輪咲いているものが1株と、2株のみ、
きっと皆さん同じ花を撮っているのでしょうね~
e0091347_16594437.jpg
e0091347_16595853.jpg
e0091347_1701263.jpg
e0091347_1702623.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-21 17:01 | 奥三河

今シーズン初のクリスマスローズ

何気なく見たら、なんと咲いていました~~
今シーズン初のクリスマスローズです。やはりトップはホワィトでした。
e0091347_15411527.jpg
e0091347_15412993.jpg
e0091347_15414497.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2010-01-20 15:42 | 庭の花達