<   2012年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

コセリバオウレン Ⅲ

再びコセリバオウレン(小芹葉黄連)です。
この時期は他の花が咲いてもらえないと、同じ花ばかりになってしまいます。
私はそれなりに撮る事を楽しんでいるのですが・・・

e0091347_14394143.jpg
e0091347_14395495.jpg
e0091347_1440356.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-29 14:40 | 愛知県民の森

フクジュソウ Ⅱ

    フクジュソウ  (福寿草)
春を告げる花の代表でもあるキンポウゲ科の多年草です。
山地、落葉樹林内等に生育し、別名をガンジツソウ(元日草)ともいいます。
多数のひげ根を束生する太い根茎は、強心薬として利用されます。
葉は深緑色で切れ込みが多く、にんじんの葉に似、花は黄色で3~4cm程です。
旧暦の新春に開花することから、めでたい「福」と「寿」の字をあてています。
花期は2~4月、花言葉は「成就」です。
e0091347_1834692.jpg
e0091347_1835667.jpg
e0091347_18447.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-28 18:04 | 奥三河

春の妖精 

   セツブンソウ(節分草)再び
奥三河はセツブンソウの咲く場所がとても多いところです。
新しい場所で透き通るような花弁(本当は愕)のしっとりとしたセツブンソウを撮ってきました。
e0091347_9164947.jpg
e0091347_9165687.jpg
e0091347_917314.jpg
e0091347_9171072.jpg
e0091347_9171761.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-27 09:18 | 奥三河

冬の貴婦人 Ⅱ

   クリスマスローズ Ⅱ
クリスマスローズという花は人が親子、兄弟、姉妹で良く似てはいても皆顔が違うように
種で育ったものは、顔つまり色や斑点の付き方が皆違います。
シングルからセミダブル(半八重)が咲く事さえあります。

毎年、こぼれ種から育ったものはどんな花が咲くのか楽しみです。
ただ種からですと咲くまでに3年はかかります。
それだけに、予想もしなかったような花が咲いた時の喜びは大きいです。

そんな花達です。
e0091347_2051793.jpg
e0091347_2052620.jpg
e0091347_2053566.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-26 17:50 | 庭の花達

冬の貴婦人

   クリスマスローズ Ⅰ
クリスマスローズという名前は、本来、キンポウゲ科(Ranunculaceae)
ヘレボルス(属)(helleborus)の一種であるニゲル(英名:クリスマスローズ)
のことを言います。
ニゲルは、ヘレボルスの中では早咲きで、英国ではクリスマスの時期に咲く
ことから、クリスマスローズの名前がついたと言われています。
よって、正しくは学名の「ヘレボルス」を用いますが、日本では一般的にクリ
スマスローズと呼ばれています。

あちらの株、こちらの株に蕾がたくさん付き始めました。
冬のさみしい庭が少しずつにぎやかになってきます。
e0091347_1653880.jpg
e0091347_16531646.jpg
e0091347_16532468.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-25 16:55 | 庭の花達

春の兆し Ⅱ

    フクジュソウ  (福寿草)
春を告げる花の代表でもあるキンポウゲ科の多年草です。
山地、落葉樹林内等に生育し、別名をガンジツソウ(元日草)ともいいます。
多数のひげ根を束生する太い根茎は、強心薬として利用されます。
葉は深緑色で切れ込みが多く、にんじんの葉に似、花は黄色で3~4cm程です。
旧暦の新春に開花することから、めでたい「福」と「寿」の字をあてています。
花期は2~4月、花言葉は「成就」です。

まだまだ咲き始めたばかり、
今年は柵があったものでかなり離れてでの撮影でした。
e0091347_1393657.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-23 13:04 | 東三河

ミスミソウ Ⅱ

   ミスミソウ (三角草)
山地の岩場、湿地の周辺、草地に早春に生えるキンポウゲ科の多年草です。
名は艶のある葉が 3 つに別れて、先がちょっと尖り、トランプの「クラブ」に似ているためです。
別名をユキワリソウ(雪割草)と言い、これは早春、まだ雪が残っている 3 ~ 4 月頃咲くので、この名前がつけられています。
花言葉は「信頼」、花期は2月下旬~4月です。
e0091347_12442197.jpg

e0091347_10384287.jpg
e0091347_10385412.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-22 12:45 | 東三河

セツブンソウ Ⅲ

    セツブンソウ (節分草)
今年、何度めの訪問でしょうか?
お天気がいいとやはり会いに行ってしまいます。
天気が良すぎると、白飛びしやすいのは分かってはいるのですが・・・
e0091347_1320889.jpg
e0091347_13201881.jpg
e0091347_13203090.jpg
e0091347_13204115.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-21 13:16 | 東三河

コセリバオウレン Ⅱ

    コセリバオウレン(小芹葉黄連)
山地の林下に見られるキンポウゲ科の多年草です。
太平洋側に分布するオウレンのうち、3回3出複葉という細かな切れこみのある葉を持つものは、コセリバオウレンと呼ばれて区別されています。
1回3出複葉はキクバオウレン、2回3出複葉はセリバオウレンです。
他のオウレンに比べると、花や葉の大きさをはじめ、全体に小さいのも特徴です。

今が最盛期、大株に出会えました。
e0091347_13142496.jpg
e0091347_13143565.jpg
e0091347_13144325.jpg
e0091347_13145070.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-20 13:16 | 奥三河

春の妖精

    ミスミソウ (三角草)
山地の岩場、湿地の周辺、草地に早春に生えるキンポウゲ科の多年草です。
名は艶のある葉が 3 つに別れて、先がちょっと尖り、トランプの「クラブ」に似ているためです。
別名をユキワリソウ(雪割草)と言い、これは早春、まだ雪が残っている 3 ~ 4 月頃咲くので、この名前がつけられています。
花言葉は「信頼」、花期は2月下旬~4月です。

今年は遅れていて、咲いていたのはこの花だけでした。
e0091347_22434551.jpg
e0091347_22435331.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-19 16:40 | 東三河