<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2014年 野草散策から Ⅰ

しばらくブログをお休みしてしまいました。
今年の花散策が終わってしまったというだけでなく
私事ですが、しばらく東京に出かけていました。

私も今年は○○○になり、出身の横浜で○○○のお祝いをいくつもする事になり、
懐かしい友人達に会ってきました。
半世紀前にタイムスリップしたようで懐かしい時を過ごしてきました。

野草散策の方は1年前に戻って懐かしい画像をアップしていこうかと思います。
なるべく今までアップしていない画像をアップ出来たらと考えていますが果たして・・・。

伊豆・爪木崎のニホンスイセンです。
海の色がコバルトブルーで大変印象的でした。
e0091347_2221744.jpg

1月12日 撮影 

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-30 22:10 | 海岸に咲く花

イソギク Ⅱ

イソギク (磯菊)
イソギクは千葉県犬吠崎から静岡県の御前崎に至る海岸の崖地に生育するキク科の多年草です。
崖に生育する場合には株状となり、平坦地では地下茎によって広り、カーペット状に生育します。
葉は長さ4~8cmで厚く、裏面には白毛が密生、毛は葉の縁まであるので表面から見ると葉が白く縁取られているように見えます。
毛が多いので、海岸崖地という乾燥しやすい生育立地に適応していて、岩場に咲いているので絵になります。
花期は10月の末~11月、花言葉は「感謝」です。

私は今年一年間の花散策に「感謝」です。
e0091347_22172534.jpg
e0091347_22173520.jpg
e0091347_22174968.jpg
e0091347_22175843.jpg
e0091347_2218730.jpg
e0091347_22182161.jpg
e0091347_2218318.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-22 06:13 | 静岡県

イソギク Ⅰ

今年最後の花散策です。
例年、セツブンソウに始まって、イソギクで終わってしまいます。
ちょっと淋しいですが・・・
一年があっという間に過ぎてしまいました。

その気持ちも込めて、例年以上の画像が撮れるように、一応頑張ってみました。
お天気が悪い割にはなんとかと自分では思っています。

e0091347_14275480.jpg
e0091347_1428594.jpg
e0091347_14281715.jpg
e0091347_14282568.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-21 14:32 | 静岡県

紅葉

紅葉
めったに撮らない紅葉です。
今の時期、撮る野草がないもので・・・
目にしたものを撮ったのですが、やはり紅葉は渓谷で撮るのがいいですね、。
もっともこれは野草も同じ事かもしれませんが・・・

e0091347_221813.jpg
e0091347_22181316.jpg
e0091347_22182470.jpg
e0091347_22183274.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-15 22:19

光とムラサキセンブリ

今回はクリスマスリースを地元の女性の会で作る事になり、その材料を集めに
地元のムラサキセンブリの咲くお山に出かけてきました。
目的はサンキライの赤い実と松ぼっくりです。
ついでに?まだ光の中に咲いていたムラサキサンブリを撮ってみました。
久し振りにマクロレンズの登場です(笑)

e0091347_14501972.jpg
e0091347_14505741.jpg
e0091347_1451772.jpg
e0091347_14511984.jpg
e0091347_14513411.jpg
e0091347_14514769.jpg
e0091347_14515782.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-14 14:53 | 東三河

10年前のクリスマスリース

ムラサキセンブリの咲く山にはサンキライがあちこちにあります。
又普通の松ぼっくりよりも小さな松ぼっくりもあり、リース作りの材料になるものが見られます。

これは10年前、ガーデニングのHPを立ち上げた頃、つる性植物のつるを見て、思い立って作ったクリスマスリースです。
庭にある、コニファー、万両の赤い実、斑入りのヒイラギであっという間に出来ました。
ブログ上に残っていたもので、たまたま見つけてので懐かしくなってアップします。
意外に簡単に出来るものです。
今年はどんなものが出来るでしょう(^-^)以前とは違い、材料は山の中のものです。

e0091347_1613820.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-13 16:01

ツワブキ

ツワブキ (石蕗)
海岸の岩場や崖などに生育する常緑のキク科の多年草です。
葉には長い柄があり、直径30cmほどにもなるつやのある葉を付け、若い葉の葉柄は食べられるそうです。
名前の由来は「葉に艶のある蕗」だと言われていますが、秋に黄色い花をつけると、これが菊科であることがよくわかります。

海岸沿いに咲いていたので、少し違った雰囲気で撮る事が出来ました。

e0091347_2003546.jpg

e0091347_2005159.jpg
e0091347_201912.jpg
e0091347_2013198.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-08 06:37 | 海岸に咲く花

アゼトウナ Ⅱ

昨日に引き続きアゼトウナです。

e0091347_2312292.jpg
e0091347_23123983.jpg
e0091347_23125321.jpg
e0091347_2313546.jpg
e0091347_23131738.jpg
e0091347_23132824.jpg
e0091347_23151595.jpg


実はこれらの画像をアップしている時には、
それなりにいろいろな角度から写真を撮れた事に満足していましたし、構図もま~ま~かな~と・・・
お天気が台風前だったので、海は荒れていましたし、環境は今一だったのですが、
波が高かったので少しおもしろいとさえ思っていました。

去年撮った画像の中に大変気に入った画像があったので、ふと勉強のつもりで比較してみて、
正直愕然としてしまいました。色が全然違うのです。
その日はお天気は上々でしたので、海の色等はとても良かったのです。
人によって好みはいろいろなのは良く分かってはいるのですが・・・
やはり、海岸はお天気の方がいいのでしょうか?
参考までに、去年の画像です。

e0091347_21175213.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-07 06:09 | 海岸に咲く花

アゼトウナ

アゼトウナ (畝唐菜)
暖かい地方の海岸の岩場に生えるキク科の多年草です。
磯の岩場で、海と陸を仕切っていることがあります。
このような岩は敷居の真ん中にある『アゼ』と似ているので、そこから付いた名前です。

この海岸には何カ所か撮影ポイントがあります。
一カ所は今回はまだ花が咲き始めでしたが、他は丁度良い時期でした。
幸か不幸か台風が近づいていると言う事で、お天気は今一だったのですが、
波が非常に荒かったので、その分そんな波を撮る事ができました。

アゼトウナは海岸の岩場に咲くのでとても絵になります。
そんな訳で少し撮りすぎてしまい、2回に分けてアップしますので、よろしくお付き合い頂けたらと思います。

e0091347_2052262.jpg

e0091347_20473910.jpg

e0091347_20475064.jpg
e0091347_2048136.jpg
e0091347_20481182.jpg
e0091347_20482488.jpg
e0091347_20483469.jpg
e0091347_20484447.jpg
e0091347_20495868.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-06 20:54 | 海岸に咲く花

里山に咲く秋の野草達 Ⅱ

リンドウ    (竜胆)
山地の草原によく見られるリンドウ科の多年草です。
竜坦(りゅうたん)とは漢方の呼び名で根茎と根を乾燥したものだそうです。
リンドウはこの漢名を和音読みにしたものです。
花言葉は「夢見心地」です。
e0091347_1955678.jpg
e0091347_19551740.jpg


ヤナギノギク  (柳野菊)
蛇紋岩地に生えるヤマジノギクの変種で多年草です。
草丈80cm程になり、茎は細く、やや紫色を帯びているものもあります。
葉は線形で無毛、頭花は2.5~3センチで、舌状花は淡青紫色です。
この山に咲く特有の花です。

e0091347_19582336.jpg
e0091347_19583336.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-11-05 19:59 | 東三河