<   2015年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

乗鞍岳に咲く花 2

シナノキンバイ  (信濃金梅)
高山の湿った草地に生えるキンポウゲ科の多年草です。
お花畑を作る高山植物の代表の一つで、草丈は20~70cm、花径3~4cmのあざやかな黄色です。
信州の高山に多いことから、この名がついています。 花言葉は「「恋・呪い」です。

去年は花が大変大きく、咲いている状態が悪かったので思うようには撮れなかったのですが
今年は大きさ等大変よかったので、思うように撮れたような気がします。
バックの白い部分は雪渓です。今年は登山道も2ヶ所で雪の中を歩きました。

e0091347_23522869.jpg
e0091347_23523925.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-31 06:30 | 乗鞍岳

乗鞍岳に咲く花  1

ゴゼンタチバナ  (御前橘)
亜高山帯に見られる小さな常緑のミズキ科の多年草です。
草丈5~15cm程、全体がほぼ無毛、地下茎がよく伸びて広がります。
葉は茎の先端で輪生しています。
白い花のように見えるのは苞で、花は真ん中に10個程集まってつきます。
花言葉は「移り気」です。

しばらく東京に行っていたので、久し振りの花散策です。
疲れましたが、やはり野草と向き合っているのは本当に心から癒されます。
孫の笑顔も最高ですが・・・(笑)

e0091347_8381212.jpg
e0091347_8382045.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-30 08:38 | 乗鞍岳

三度目の訪問

ギンバイソウ(銀梅草)
この花が蕾から開花までに日数のかかる事は前回お知らせしましたのですが
一株から一輪では寂しいので再度出かけてきました。
それでも何輪か咲いているものは少なく、目的の場所も全く咲いていませんでした。
難しい花です・・・

e0091347_1825306.jpg
e0091347_18254388.jpg

e0091347_18302992.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-18 18:30 | 奥三河

面の木園地にて

カキラン (柿蘭)
日当たりのよい湿地や草地に自生する蘭です。
草丈30-70cm程で、花の唇弁の内側には紅紫色の模様がついていま す。
柿色の花を咲かせるランなので、カキランと言います。
花言葉は「芯の強さ、夢でもあなたを想う」です。

前回は何も咲いていなかったのですが、今回はなんとか・・・
それにしても花数がかなり減ってしまって、おまけに撮りにくいところに・・・
野草撮影はまるでアクロバットをしているようなものです(苦笑)
e0091347_15561471.jpg
e0091347_15562269.jpg
e0091347_16432100.jpg


ミズチドリ (水千鳥)
山地や低地の湿地に生育するラン科の多年草です。
草丈50 ~ 90 cmの茎の先に白い花を穂状につけます。
花にはよい香りがあるのでジャコウチドリ(麝香千鳥)という別名があります。
花がチドリソウに似、湿地に生えることからこの名が付いています。

咲いていたのは2株のみ、1株は湿地の中央部に、という事で撮れる花は1株のみでしたが、
久し振りに出会えました。数年振りかもしれません。

e0091347_1614565.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-16 16:05 | 面ノ木園地

ハマゴウ

ハマゴウ (浜栲)
海岸に生育する常緑のクマツヅラ科の低木です。
砂質海岸と周辺森林との境界部分に群落を形成していることが多く、夏から秋にかけ美しい唇形の花を咲かせます。
名は浜に這う「ハマハウ」が転じてハマゴウになったと言うことです。

咲き始めたという情報をもとに、浜一面に咲いている様子を頭に浮かべて出かけたのですが
残念ながら恋路ヶ浜の方はほとんど咲いていませんでした。
e0091347_6314291.jpg
e0091347_6315656.jpg
e0091347_63286.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-15 06:37 | 海岸に咲く花

ハマユウ 

ハマユウ (浜木綿)
関東より南の太平洋沿岸の砂地に自生しているヒガンバナ科の多年草です。
葉が厚く、オモトに似ているので別名をハマオモト(浜万年青)といいます。
花の様子が木綿(ゆふ)を垂らしたようであることが和名の由来のようですが、別説もあります。
花言葉は「どこか遠くに」です。

何故かこの花が綺麗に咲いている様子に出会えません。
きっと、綺麗に開花している時間が短いのでしょうね。

e0091347_2172744.jpg
e0091347_2182862.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-14 02:19 | 海岸に咲く花

ハマグルマ 

ハマグルマ (浜車)
東アジアの温帯から熱帯に広く分布し、日本では関東地方以西の砂浜に見られるキク科の多年草です。
葉は多肉質で耐塩性があり、ネコの舌のようにざらつきます。
茎の先に一つだけつける黄色の花(頭花)は、多数の花が集まったものです。
花の咲く様子を車輪に見立て、この名がありますが、↑のことからネコノシタという別名もあります。
花言葉は「心変わり」です。

この日は海は荒れ、波が高く、バックの島もぼんやりと見える程でした。

e0091347_7255440.jpg
e0091347_726133.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-13 07:29 | 海岸に咲く花

ハマボウ

ハマボウ (浜朴・黄槿)
海岸に生えるアオイ科の落葉小高木です。
葉は長柄があって互生し、枝先に黄色い花径5cm程の漏斗状の五弁花を1、2個付けます。
自生のものは少なく県の天然記念物に指定されています。
名は、浜に生えるホオノキの意味です。

久し振りにこの花を撮りました。
前回は早すぎて青空をバックに撮る事が出来ませんでしたが、今回は・・・
おかしな事にこの後、空模様がおかしくなり、伊良湖岬に着くと、波は大荒れでした。
e0091347_15274474.jpg
e0091347_15275156.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-12 15:28 | 海岸に咲く花

アクシバ 

アクシバ (灰汁柴)
茶臼山に立ち寄ったので再びこの花を撮ったのですが・・・
一週間も経ったのに撮った画像はあまり変わらないようです、
やはりこの花は一株ではせいぜい2輪しか同時には咲いてもらえないようです。

e0091347_14151825.jpg
e0091347_14152415.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-11 14:16 | 茶臼山

ノハナショウブ    

再びノハナショウブです(野花菖蒲) 
一週間以上経っていますので少し花数はふえていました。
花のいい時期に訪問するのは難しいです。雨が多いからでしょうね。

e0091347_8343516.jpg
e0091347_8344739.jpg
e0091347_8345920.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-10 08:36 | 茶臼山