高ボッチ高原に咲く花 Ⅰ

一昨年までは、脚の弱い私には高所の野草を見るのは無理と考えていたのですが、
登山までとはいかないくても、リフト、ロープウエイ等を使って、高所の野草を見る事が出来ます。
今年は野草好きの方々がよく行かれる場所を訪問したいと、出かけています。
しばらくは高所に咲く花をご覧下さい。
今回は高ボッチに咲く花です。

   ホザキシモツケ(穂咲下野)
高原や山地の日当たりの良い湿地に生えるバラ科の落葉低木です。
地下茎で繁殖し、茎は叢生(そうせい)し、高さ1~2m、枝には密に短毛があり、葉は互生し、単葉で披針(ひしん)形、先はややとがっています。
シモツケの仲間ではめずらしく、5〜8mmの小さな花が密集して穂状になります。
名はシモツケは栃木県の昔の国名で、植物の『シモツケ』は栃木県で最初に発見されたのでこの名があり、ホザキは花序が穂のように長くなることによります。
花期は7〜8月です。
e0091347_14311590.jpg

e0091347_14594685.jpg


   カワラマツバ(河原松葉)
河原、野原に生えるアカネ科の多年草です。
茎は直立して草丈30~70cm、葉は線形で、8~10枚が輪生しています。
上部の葉腋から柄を出し、白色の花径3mm程の小さな花を多数つけます。
乾いた河原などに生え、葉が松葉のように細いことからこのように名付けられました。
花期は7~8月、花言葉は「活発」です。
e0091347_14374126.jpg
e0091347_14375794.jpg


   マルバダケブキ(丸葉岳蕗)
本州に分布し低山から亜高山帯の草原にはえるキク科の多年草です。
高さ 1 mぐらいの花茎を出し、花径が 8 センチほどの大きい黄色い頭花をつけます。
根生葉はフキの葉に似た楕円形で、光沢があり、葉のフチに歯牙があります。
花期は7〜8月、花言葉は「純情」です。
e0091347_14485573.jpg
e0091347_1449139.jpg


   オオダイコンソウ(大大根草)
山地の林、草原 に咲くバラ科の多年草です。
草丈は50cm程です。
オオダイコンソウは托葉が大きく鋸葉があり、葉の先端が尖っています、ダイコンソウは托葉は卵形で鋸葉は少しあることで区別することができます。
花期 6〜9月です。
e0091347_14563243.jpg
e0091347_14564774.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2010-08-07 15:01 | その他の場所に咲く野草
<< 高ボッチ高原に咲く花 Ⅱ 入笠山から Ⅴ >>