春の訪れ

     セツブンソウ   (節分草)
石灰岩質の山林の落葉樹林下や土手などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
セツブンソウの名前のように早春の節分の頃から花が咲き出します。
直径が2cmほどの白い花が咲き、花びらのように見える部分はがく片で、花びらは黄色い蜜腺に変化しています。
花期は2月~3月、花言葉は「清涼」です。

まだちょっと早いかな~と思ったのですが、咲いてくれていました。
ただただ、笑顔ですね~
e0091347_16434719.jpg
e0091347_1963439.jpg
e0091347_1963814.jpg
e0091347_1965233.jpg
e0091347_1965624.jpg
e0091347_1837474.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-30 19:07 | 東三河
<< 再びセツブンソウ  見慣れてしまった野草達 >>