写真展出展画像 8

タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)
わが国の固有種で、高山帯の開けた草地に生えるフウロソウ科の多年草です。
草丈は30~50cm、花径2.5~3cm、濃紅紫色の花が美しいフウロソウの仲間です。
花期は7~8月、グンナイフウロの花言葉は「可憐」です。
長野県(木曽駒ケ岳)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_15511498.jpg


ミスミソウ (三角草)
山地の岩場、湿地の周辺、草地に早春に生えるキンポウゲ科の多年草です。
名は艶のある葉が 3 つに別れ、先がちょっと尖り、トランプの「クラブ」に似ているためです。
花径は10~15㎜程、花言葉は「信頼」です。
愛知県(豊橋市郊外)にて撮影  A3額装

e0091347_15543413.jpg


ヤマアジサイ (山紫陽花)
別名サワアジサイといい、湿度のある山林に自生するユキノシタ科の落葉小低木です。
周辺部は装飾花で、中は多数の両性花をつけます。
小型で葉に光沢のないのが特徴です。
関東、東海地方のものは、白色で、その他の場所では、青やピンクの色が付きます。
花期は6月~7月、花言葉はアジサイとは違い「乙女の愛」「切実な愛」です。
福島県(裏磐梯)にて撮影  A3ノビ額装

e0091347_15583360.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-27 15:59 | 写真展出展作品
<< 写真展出展画像 9 写真展出展画像 7 >>