出雲地方の花旅 Ⅱ

イズモコバイモ(出雲小貝母)

島根 県だけに自生するユリ科の多年草です。
草丈は15~20cm程、葉は長楕円形で長さ5~6cm、幅2cm前後で対生または3輪生です。
花は4~5月に咲き、茎頂に普通1個の広い鐘形の花を付け、花被の長さは2~3cm下垂して開花します。
結実の後、周りの樹木の葉が出揃う頃には地上部は枯れてしまいます。

私は野草に首まで嵌ってしまってようで、この花に出会いたくて出かけてきました。

e0091347_12145261.jpg
e0091347_12161858.jpg
e0091347_1215230.jpg
e0091347_1215119.jpg
e0091347_1215212.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-03-18 12:17
<< 出雲地方?の花旅 Ⅲ 第3回「紫陽花の会」写真展  >>