美濃に咲く野草

キクバオウレン (菊葉黄連)

針葉樹林の林床に生えるキンポウゲ科の多年草です。
早春に花茎を出し、分枝してふつう3個の花をつけます。
花期には草丈10~20cmほどですが、その後のびて40cmほどになります。
花弁は、中央に小さく付け花径1cmほどです。
薬草のオウレンと同種と考えられたことから、又葉が菊の葉に似ているのでキクバオウレンの名になった という事です。
キクバオウレンは1回3出複葉葉、小葉がさらに3つに分かれた2回3出複葉のものをセリバオウレン、
さらに3つに分かれた3回3出複葉のものをコセリバオウレンと言います。
花言葉は「変身・魅了」です。

e0091347_892464.jpg
e0091347_894492.jpg
e0091347_895887.jpg


セツブンソウ  (節分草)

まだ綺麗に咲いていました。
今シーズン最後のセツブンソウになるでしょう。

e0091347_8125781.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-01 08:13 | 岐阜県
<< シュンラン カタクリ その2 >>