アヤメ

アヤメ (文目)

高原の草原などに生えるアヤメ科の多年草です。
湿ったところに生えるという印象があるようですが、湿地に生えるのはカキツバタです。
アヤメのほうはどちらかいえば乾燥した草原がいいようで、
優劣つけがたい美しい女性を形容して「いずれがアヤメかカキツバタ」というように、迷うほど、どちらもよく似ています。
アヤメの名前は、花の付け根部分に黄色と紫の文目模様があることから付けられたということです。
花言葉 は「よき便り、神秘な人」、花期は5~7月です。
e0091347_9504652.jpg
e0091347_9505482.jpg


キショウブ (黄菖蒲)

ヨーロッパ原産の帰化植物で、湿地や水辺に繁殖して野生しているアヤメ科の多年草です。
花期は5~6月、花言葉は大変多く「幸せをつかむ、 信じる者の幸福 、私は燃えている、消息、友情」です。

e0091347_6271765.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-06-17 09:53 | 茶臼山
<< さつき キバナノヤマオダマキ >>