秋田駒ケ岳・八幡平から 完

ウラジロナナカマド  (裏白七竈)

亜高山帯~高山帯のの低木林や林縁に生えるバラ科の落葉低木です。
樹高1~2m程、よく枝分かれして、広がります。
花序は直径3~10cm程です。
名前は葉裏が白粉色をしているからで、「ナナカマド」は、材が燃えにくく、
7度かまどに入れても燃え残ることから名付けられたとされています。
花期は6~8月です。
e0091347_66888.jpg
e0091347_662483.jpg


ミヤマナルコユリ (深山鳴子百合)

林内に生育するユリ科の多年草です。
深山(みやま)」は、林床に生育することからの命名ですが、
深山に特有なわけでは なく平地の林にも普通に見られるようです。
葉の裏に隠れるように垂れ下がる 筒状花は、葉の両側に振り分けてつけるのた大きな特徴です。
ナルコユリの名 は花が弓形に伸びた茎の下にぶら下がっている様を、鳥を追い払う鳴子に見立てているとの事です。
e0091347_616414.jpg


ツマトリソウ  (端取草)

山地の林内に生えるサクラソウ科の多年草です。
細い地下茎を伸ばして繁殖し、多くは群生するようです。
草丈5~20 cm程、葉は細長く、花径1.5 cm程の花を、通常1個つけ、花冠は7つに裂けています。
花の縁が薄い紅色に縁取られることからこの名が付けられました。
花期は 6~7月、花言葉は「安楽」です。
e0091347_620222.jpg
e0091347_6202042.jpg


ウスバスミレ  (薄葉菫)

亜高山帯の針葉樹林下 に生えるスミレ科の多年草です。
茎の高さは5~8センチ。地上茎はなく、地面から伸びる花柄に直径1~1.5 センチの白色の花を付ける小型のスミレです。
葉 は円心形で無毛、質は薄く、そのために「薄葉スミレ」と命名されています。
e0091347_640835.jpg

e0091347_6362388.jpg


オオバキスミレ (大葉黄菫)

低山~亜高山帯の湿った草地などに生えるスミレ科の多年草です。
草丈は5~20cm、地上茎から伸びる花柄に、直径約1.5cmの黄色の花をつけます。
名前のとおり、花に比べると葉がかなり大きいです。
花期は4~7月です。
e0091347_629594.jpg


ユキザサ (雪笹)

低地~亜高山帯の広葉樹内などのやや湿り気のある林床に見られるにユリ科の多年草です。
草丈10~20cm程、茎頂に、粗い毛が密生し、円錐花序をつけ、3~4㎜の白色の花を多数つけます。
雪の結晶のような花、笹に似た葉の形からこの名が付けられています。
花言葉は「 栄光、美しい輝き 」、花期は5月~7月です。

e0091347_6321866.jpg
e0091347_6322987.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-07-09 06:40 | 東北地方
<< 岩ツツジ 秋田駒ケ岳・八幡平から ⅩⅠ >>