バイケイソウ & ノハナショウブ?

バイケイソウ (梅蕙草)

北海道から中部地方までの山地の陰地や湿地に生えるユリ科の多年草です。
草丈は60~150cm、シュロに似た30cmほどの葉を互生させます。
花は淡い緑色をしており、2cm~3cmで、花期は5月~7月ですが、各個体が花を咲かせている期間は短く、アルカロイドを含む有毒植物です。
花期は7月~8月、花言葉は「勝利への誓い、率直、あの方が気がかり」です。

この花は年によってよく咲く年とそうでない年があります。
今年は茶臼山でこんなに咲いたのは初めてです。
池の近くだけで数拾本の花が咲いていました。
e0091347_17425954.jpg
e0091347_17431041.jpg


ノハナショウブ  (野花菖蒲) ?

山野の草原や湿原に生えるアヤメ科の多年草で、ハナショウブ(花菖蒲)の原種です。
カキツバタの外花被片には白い筋が、アヤメはその名のとおり綾目の模様が入るのに対し、
ノハナショウブは外花被片の基部に黄色の筋が入ることで区別できるのですが・・・

ノハナショウブと同じ場所に咲くこの花は園芸種?それとも???
よく分かりません。

e0091347_174924.jpg
e0091347_17491749.jpg
e0091347_17493414.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-07-16 17:37 | 茶臼山
<< 身近な野草達 栂池自然園にて その3 >>