木曽駒ケ岳から その6

ハクサンシャクナゲ  (白山石楠花)

亜高山帯から一部はハイマツ帯まで分布するツツジ科の常緑低木です。。
樹高は、亜高山帯では3mほどにもなるそうですが、ハイマツ帯では環境が厳しいため50cmにも満たない場合があります。
花は白から淡い紅色で、内側に薄い緑色の斑点があります。
花期は7月~8月です。

とてもいい状態の可愛らしいハクサンシャクナゲでした。
残念な事に霧が濃く、バックは雪渓のある山もあったのですが、全く写す事ができませんでした。

e0091347_15222949.jpg


イワベンケイ  (岩弁慶)

高山の風当たりの強い礫地や岩場に生える雌雄異株のベンケイソウ科の多年草です。
サボテンのような少し肉厚の葉っぱがつき、茎の頂部に小さな花がかたまってこんもりと咲きます。
雄株の花は黄色みが強く雌株の花はやや赤みを帯びています。
切り立った岩壁のすきまで花序をいくつも広げているようすはたくましく、そのことから「弁慶」の名がついています。
花期は6~8月、花言葉は「勇気ある行動」です。

e0091347_15252741.jpg
e0091347_15254280.jpg


実は私は写真展だけでなく、ある老人ホームに2か月に一度、写真を何枚か展示させて頂いています。
そこはある程度自分の事は自分でできる方々が入所してみえます。
今日、そこで働いて見える方でお若い方が、私の写真を見て、こんな事を言われました。
「背景が入っていて、物語ができそ~」と。

それは私が写真に求めていたそのものでした。
又私の所属している写真サークル「花詩」でも「花の詩が聞こえてくるような写真を」という想いにも通じるものでした。
私も少しはそ~~なれたかな~~と・・・
又そんな写真を一枚でも多く撮れるようになれたらと・・・・・そう願っています。

[PR]
by fairysilva2 | 2013-07-27 15:37 | 木曽駒
<< 木曽駒ケ岳から その7 木曽駒ケ岳から その5 >>