乗鞍の花 その4

ミヤマクロユリ  (深山黒百合)

亜高山帯から高山帯の、日当たりの良い草地に生えるユリ科の多年草です。
枝先に、暗紫褐色の花が、斜め下向きにつき、内側には黄色く濃い斑点があります。
礼文島に咲く黒百合と比べると、背丈が低く、花の色が黒百合よりもです。
花期は7月~8月、花言葉は「秘められた恋」の他に「呪い・復讐」という意味合いのものもあります。
e0091347_939397.jpg


ミヤマキンポウゲ (深山金鳳花)

亜高山~高山帯の湿った草地などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
草丈は10~50cm程、茎先に花径1.5~2cmの黄色の花を数個つけます。
花弁は5個で、表面に光沢があるのが特徴です。
花期は7~8月、花言葉は「純潔、多才な人」です。

鶴ヶ池付近で群生している様子です。

e0091347_9425366.jpg
e0091347_9431094.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-08-04 09:48 | 乗鞍岳
<< 乗鞍の花 その5 乗鞍の花 その3 >>