奥三河に咲く秋の野草 Ⅲ

マツムシソウ   (松虫草)

日本特産の代表的な秋草で、各地の日当たりのよい山地や草原に群生しているマツムシソウ科の2年草です。
名前の由来には松虫の鳴くころに咲くのでという説と
マツムシソウの花の終わった頭花が巡礼の鳴らす松虫鉦(音が松虫の声のように聞こえるので松虫鉦)の形に似ていることからという説とがあります。
花言葉は「結実」です。

まだ群生には少し早かったようです。

e0091347_85053100.jpg
e0091347_85195.jpg
e0091347_8512572.jpg
e0091347_8513954.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-19 08:51 | 東三河
<< 奥三河に咲く秋の野草 Ⅳ 奥三河に咲く秋の野草 Ⅱ >>