奥三河に咲く秋の野草 Ⅴ

ウスイロツリフネ (薄色釣舟)

通称ウルイロツリフネと言われていますが、シロバナツリフネの一種で、
山地の林縁、湿地に見られるツリフネソウ科の一年草です。
名前は花の形とつき方が帆掛け舟を吊り下げたように見えることに由来しています。
虫媒花(風ではなく、虫を利用して受粉するということ)としても有名で、ホウセンカと同じように、
熟した果実にちょっと触れるだけで種を勢いよくはじきとばします。

この花も年々数が減ってきていて、今年はわずか3株しか見かけませんでした。
寂しいかぎりです。

e0091347_401339.jpg
e0091347_402575.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-21 04:01 | 奥三河
<< 奥三河に咲く秋の野草 完 奥三河に咲く秋の野草 Ⅳ >>