ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス  (山路の杜鵑草)
草原や谷筋の樹林下などに生育するユリ科の多年草です。
花は葉腋に1~数個咲くのですが、小さな個体や一度刈り取られた個体では、頂部にしか花が咲かないことが多いそうです。
花びらは濃い紫色の斑点が目立ち、↓ホトトギスのように斜め上をむかずに平開します。
花言葉は「愛らしい」です。

e0091347_814722.jpg
e0091347_8143822.jpg
e0091347_815131.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-27 08:19 | 奥三河
<< ツルニンジンのその後 パート3 ホトトギス >>