ムラサキセンブリ

ムラサキセンブリ  (紫千振)

高原の粘土質土壌地であり、草丈の低い草地や路傍などに生育するリンドウ科の多年草です。
草丈は50cm程になるのもあり、センブリより丈が高く、花もやや大きいです。
苦味のあることはセンブリと同じですが薬用にはされないようです。
花の色が紫を帯びているので、ムラサキセンブリと言います。

毎年、この花を風景的に撮りたいと思いつつ、なかなか撮れずにいます。
今年こそはと思うのですが・・・

e0091347_2101985.jpg
e0091347_2102712.jpg
e0091347_2103562.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-10-25 21:06 | 東三河
<< イヌセンブリ 晩秋の茶臼湖 Ⅱ >>