ツワブキ

ツワブキ  (石蕗)

海岸の岩場や崖などに生育する常緑のキク科の多年草。
葉には長い柄があり、直径30cmほどにもなるつやのある葉を付ける。
若い葉の葉柄は食べられるそうです。
名前の由来は「葉に艶のある蕗」だと言われています。

咲きかけでとても綺麗でした。
やはり花は咲きかけがいいですね。思うようには出会えませんが・・・
e0091347_8444045.jpg
e0091347_8445994.jpg
e0091347_8451995.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-11-07 08:46 | 静岡県
<< キイシオギク & アゼトウナ  イソギク >>