キイシオギク & アゼトウナ 

キイシオギク   (紀伊塩菊)

海岸の崖に生えるキク科の多年草です。
キイシオギクは、千葉~静岡に分布するイソギクと四国に分布するシオギクの中間的な 形態をし、
紀伊半島から志摩半島にかけて分布し、分類上はシオギクの変種に位置づけられています。
草丈は25~30cm程、茎は曲がって斜めに立ち、葉はへら形で上端のみやや浅裂し裏は銀白色、
頭状花は直径約8mm内外で、筒状花からなり鮮黄色です。
花期 は11月~12 月、寒い時期に咲いてくれます
e0091347_21234620.jpg

e0091347_2128327.jpg

アゼトウナ (畝唐菜)
e0091347_21255032.jpg
e0091347_21255871.jpg
e0091347_2126640.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-11-08 21:18 | 海岸に咲く花
<< 再びアゼトウナ  ツワブキ >>