海岸巡り Ⅲ

ハマヒルガオ (浜昼顔)
ハマヒルガオを求めて表浜海岸にやってきました。
砂浜一面にハマヒルガオ、時期的には少し遅かったようですが・・・
浜に寝転がっての撮影です。
e0091347_925610.jpg
e0091347_9254053.jpg
e0091347_926057.jpg
e0091347_9261766.jpg


マンテマ
ヨーロッパ原産で、江戸時代の末期に 渡来したナデシコ科の帰化植物です。
堤防や河原、路傍などに生育します。
草丈は20~30㎝、花径は1㎝程です。
花期は4~5月、花言葉は「偽りの愛」です。
e0091347_929345.jpg
e0091347_9292070.jpg


ナルトサワギク  (鳴門沢菊)
マダガスカル原産の埋立地、路傍、小川など様々な立地に生育しているキク科の一年草又は多年草です。
アルカロイドを含む毒草で、繁殖力が異常に強く、特定外来種に指定されています。
徳島県の鳴門市で最初に見つかりこの名が付けられ、年間を通じて黄色い花を咲かせます

いつも花の少なくなった頃、冬に訪れるのですが、
今回はハマヒルガオを撮影に来たので撮ってみましたが???

e0091347_9351019.jpg
e0091347_9353142.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-05-26 09:36 | 静岡県
<< 海岸巡り 完 海岸巡り Ⅱ >>