ハマカンゾウ

ハマカンゾウ (浜萓草)
暖地の海岸付近の岩場や草地等に群生するユリ科の多年草です。
浜萱草(ハマカンゾウ)」は、「1日美しい」と言う意味を持つ「ヘメロカリス属」の仲間で、
野山では、「ノカンゾウ」や、「ヤブカンゾウ」等があります。
本種は萱草(カンゾウ)の仲間では、最も遅く迄咲く種類で、他のカンゾウと同様に、食用・薬用にもなります。

海をバックにこの花を撮れるのは知っていたので、ネット上で咲いているのを見かけ早速出かけてきました。
お天気が良過ぎたのでしょう?海の色があまりに濃くコントラストを下げたもののこんな色になってしまいました。
次回は空を入れないようにして曇った日に出かける事にします。
花の具合はとても良かったのですが・・・

e0091347_18551332.jpg

e0091347_18552373.jpg
e0091347_1855456.jpg
e0091347_18555927.jpg
e0091347_18561195.jpg

e0091347_22354779.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-09-14 06:19 | 海岸に咲く花
<< 明智の森から Ⅰ 身近な野草達 Ⅱ >>