秋の野草 Ⅳ

ウメバチソウ (梅鉢草)
高原や日当たりのよい場所に生えるユキノシタ科の多年草です。
花径2cmほどの可愛らしい花ですが、アップにしてよくみると繊細な模様がついています。
この柄が梅鉢の紋に似ていることから、この名がついています。
花言葉は「いじらしい」です。
e0091347_2149972.jpg
e0091347_21492662.jpg
e0091347_21493810.jpg


センブリ  (千振)
山地の日当たりのよい草原に生えるリンドウ科の2年草。
健胃薬として知られ、 草丈15~20cm、花径約15~20㎜程です。
花名は千回振り出しても(煎じても)まだ苦いことによります。
花言葉は「義侠の愛」です。
e0091347_21521380.jpg


ツルニンジン (蔓人参)
今の時期、あちこちで見かけるのですが、ここのは少し変わっていました。
ご覧のように色が大変淡いです、それでいて他のつるのものを見ると蕾は赤いです。
又異常な程に、大群生していて淡い色のものから、濃いものから・・・
ありすぎて、ゴチャゴチャしているので残念ながら絵にはなりませんでした。

e0091347_220865.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-10-05 05:45 | 茶臼山
<< 秋の野草 Ⅴ 秋の野草 Ⅲ >>