リンドウの仲間

ハルリンドウ (春竜胆)
山野の日当たりのよい湿地に生育するリンドウ科の2年草。
フデリンドウに似ているが、大型で、ロゼット状の根生葉があります。
又、フテリンドウは乾いた山地や野原に生えています。
もちろん、春に咲くからハルリンドウです。
花言葉「清潔な人」
葦毛湿原咲いていたもので、リンドウは俳句の季語も秋になっているように秋咲きと思われますが、こちらは春咲きです。秋の↓のリンドウのように草丈は高くなく、10cm程度です。
e0091347_036918.jpg


リンドウ (竜胆)
山地の草原によく見られるリンドウ科の多年草。
竜坦(りゅうたん)とは漢方の呼び名で根茎と根を乾燥したものだそうです。
リンドウはこの漢名を和音読みにしたものです。
花期は9月~11月、花言葉は「夢見心地」
ハルリンドウの花と比べると中心部分に黒い縦筋のようなものはありません。
e0091347_0465336.jpg


ホソバリンドウ (細葉竜胆)
湿地に生えるリンドウ科の多年草。
草丈20-80cm、↑のリンドウに似ていますが、葉がごく細い線形になっているので細葉とついています。
e0091347_0515948.jpg


                           野草図鑑「野草風薫」より
[PR]
by fairysilva2 | 2006-12-17 00:53 | リバイバル
<< リンドウの仲間 Ⅱ イチリンソウとニリンソウ >>