ネコノメソウの仲間 Ⅰ

 ネコノメソウ (猫の目草)
山間の湿ったところに生えるユキノシタ科の多年草。
茎が横に伸びて群落を作り、花茎の先端近くの葉が淡黄緑色になります。
名前の由来は裂開した果実の形が猫の昼間の目に似ているからだそうです。
花期3月~5月、花言葉は「謙虚・誠実.」です。
e0091347_80465.jpg
e0091347_802220.jpg
 

 キバナネコノメソウ  (黄花花猫の目草)
東海地方の山地の沢沿いの湿地に生育するユキノシタ科の多年草。
シロバナネコノメソウの変種で、草丈は5cm程、雄蕊は明らかに萼裂片より長く、萼裂片はきれいな黄色になります。
花期は4~5月です。
e0091347_7553155.jpg
e0091347_756381.jpg
e0091347_7562858.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2008-04-16 08:01 | 面ノ木園地
<< ネコノメソウの仲間 Ⅱ バイカオウレン >>