シソバタツナミソウ

 シソバタツナミソウ   (紫蘇葉立浪草)
タツナミソウは日当たりのいいところに、このシソバタツナミソウは半日影の林縁などに生える多年草です。
根生葉の中央から短い花茎を立て、その先に長さ2cmほどの唇形の花を付けます。
葉脈が濃くなっているので判別は容易です。
タツナミソウの名は、花穂を波しぶきに見立てた名で、葉が紫蘇の葉に似ているので、この名がついています。
花期は4~6月です。
e0091347_153892.jpg
e0091347_1533074.jpg
e0091347_1534838.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2008-05-29 15:04 | 愛知県民の森
<< 葦毛湿原 身近な花 >>