2015年 08月 05日 ( 1 )

乗鞍に咲く花 7

ハクサンイチゲ (白山一華)
高山の湿り気のある草原に生えるキンポウゲ科の多年草です。
日本を代表する高山植物の一つで、高山に登れば必ずといっていいほど見ることができます。
花言葉は「幸せを招く花」です。

と言う事でやはり目に入ったので撮ってきました。
ちょっと遅かったのですがなんとか綺麗に撮れたでしょうか?
e0091347_15224894.jpg


アラシグサ  (嵐草)
亜高山帯~高山帯のやや湿った草原や林縁等に生えるユキノシタ科の多年草です。
草丈は10~40cm程です。
風、雨、雪等過酷な気象条件に耐えて咲くのが、この名の由来なようです。
e0091347_1523153.jpg

e0091347_15253569.jpg


アマニュウ(甘にゅう)
低山帯から亜高山帯の草地に生えるセリ科の多年草です。
あまり美味しくはない様ですが苦味やいやな匂いがなく食用になるようです。
茎が中空で甘味があるということでこの名が付いているようです。

e0091347_15235763.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-08-05 06:30 | 乗鞍岳