カテゴリ:写真展出展作品( 52 )

写真展出展画像 13

コシオガマ  (小塩竈)
ゴマノハグサ科の一年草。
他の植物の根に寄生する半寄生植物ですが、特定な植物はありません。
草丈 20~50cm、花径 1.5cm、
シオガマギクに似ていて、小型という意味でコシオガマと付けられています。
花期は9月~10月です。
豊橋市郊外にて撮影  2L大スタンド

e0091347_17283464.jpg


ツルシロカネソウ (蔓白銀草)
キンポウゲ科の多年草です。
草丈は10~20cm、花径は1cm程、
地下茎が地を這うのでこの名前がつき、花期は4~5月です。
滋賀県伊吹山麓にて撮影  2Lスタンド1

e0091347_1734201.jpg
 

イナモリソウ (稲森草)
アカネ科の多年草です。
草丈3~10cm、花径1.5cm程、縁が波打っています。
名は、稲森山(三重県)で発見されたことによります。
花期は5~6月、
花言葉は「静かな愛情」です。
静岡県西部にて撮影  2Lスタンド

e0091347_17382317.jpg


ベニバナヤマシャクヤク (紅花山芍薬)
非常に限られた山地や森の中に咲くボタン科の多年草です。
ヤマシャクの花期は4~6月なのに対して、 ベニバナヤマシャクは、5~6月と遅いのが特徴です。
愛知県郊外にて撮影  2Lスタンド

e0091347_17451769.jpg


キクザキイチゲ  (菊咲一華)
キンポウゲ科の多年草です。
花径は3~4㎝、キクのような花を咲かせる一輪草そいう意味です。
色は白花が圧倒的に多いようですが、薄い青や紫色の花もあります。
花期は3~5月、花言葉は「静かな瞳」です。
長野県白馬山麓にて撮影  2Lスタンド

e0091347_1802037.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-03-04 18:03 | 写真展出展作品

写真展出展画像 12

キクザキイチゲ  (菊咲一華)
低地~山地の明るい林内に生えるキンポウゲ科の多年草です。
菊のような花を咲かせる一輪草と言う意味です。
色は白花が圧倒的に多いようですが、日本海側では薄い青や紫色の花が多いです。
葉はシュンギクに似て、長い柄と深い切れ込みがあります。
花期は3~5月、花言葉は「静かな瞳」です。
長野県(奥裾花自然園)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_1827515.jpg


フクジュソウ  (福寿草)
キンポウゲ科の多年草です。
別名をガンジツソウ(元日草)ともいいます。
花径は3~4cm程、名は旧暦の新春に開花することから、
めでたい「福」と「寿」の字をあてています。
花期は2~4月、花言葉は「成就」です。
長野県・白馬山麓にて撮影   A4スタンド

e0091347_1839789.jpg


タマガワホトトギス (玉川杜鵑)
ユリ科の多年草です。
ホトトギス(杜鵑)の仲間達は秋に咲きますが、このタマガワホトトギスは夏に咲きます。
タマガワの名の由来は、花の色が似ているヤマブキの名所京都・玉川の地名からきているということです。
花言葉は「永遠にあなたのもの」です。
南信州にて撮影  A4スタンド

e0091347_18444894.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-03-03 18:45 | 写真展出展作品

写真展出展画像 11

ハクサンイチゲ (白山一華)
日本を代表する高山植物の一つで、キンポウゲ科の多年草です。
花径は3~4cm程、名前の由来は白山で最初に発見され、
一花という事ですが実際は数個程つきます。
花言葉は「幸せを招く花」です。
長野県(木曽駒ケ岳)にて撮影   A3額装

e0091347_18544869.jpg


ササユリ (笹百合)
わが国特産のユリ科の多年草です。
名前の由来はその葉がササに似ているからとも、
またササのなかに自生するものが多いからとも言われています。
花期は6~7月、花言葉は「上品」です。
静岡県(浜松森林公園)にて撮影  A3ノビ額装

e0091347_18592593.jpg


クリンソウ (九輪草)
山間部のやや湿ったところに生えているサクラソウ科の多年草です。
大きな根性葉から 20~30 cmくらいの花茎を出し、花を車輪状につけ、
数段になるので、その様を五重塔などの先端部分(九輪)にたとえて名付けられました。
花期は5月下旬~7月上旬、花言葉は「少年時代の思い出」です。
長野県・木曽にて撮影    A3ノビ額装

e0091347_193312.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-03-02 19:04 | 写真展出展作品

写真展出展画像 10

ヒメシャガ  (姫射干)
乾いた林の下や岩場に生えるアヤメ科の多年草です。
わが国の固有種で、花径4cmとシャガに比べ小振りです。
名はシャガ(射干)に似ていてやや小さく優しい感じがするということからです。
長野県(木曽大桑村)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_8531594.jpg


カタクリ  (片栗)
落葉樹林内に生育するユリ科の多年草です。
カタクリ粉はもともとこのカタクリの球根から採取したものだそうです。
花径葉は花の雰囲気そのもので「 静かな貴婦人」です。
長野県(白馬山麓)にて撮影  A3ノビ額装

e0091347_902733.jpg


イワブクロ  (岩袋)
北海道~東北地方の高山帯に分布するゴマノハグサ科の高山植物 です。
和名のイワブクロは、花冠が袋状になっていることから、
丈は10~20cm程で、花の長さは4cm程、5片に裂けています。
別名をタルマイソウと言い、これは北海道樽前山に多いからです。
花期は6~8月、花言葉は「失った愛情」です。
北海道・旭岳にて撮影  A3ノビ額装

e0091347_9115652.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-03-01 09:14 | 写真展出展作品

写真展出展画像 9

サンカヨウ  (山荷葉)
深山の林の中に生えるメギ科の多年草です。
草丈は30~60cm、フキの葉のように大きい葉が2枚つき、
葉の中央部は深く切れ込み、不ぞろいの鋸歯があります。
茎頂に花径2cmの白色の花を数個つけます。
花期は5~7月、花言葉は「幸せ」です。
岐阜県(天生湿原)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_12222325.jpg


ツルリンドウ  (蔓竜胆)
山地の木陰に生えるツル性のリンドウ科の多年草です。
長さ1mほどのつるになり、2~3cmの淡紫色の花をつけます。
花は葉のわきから通常ひとつずつ咲き、花弁の中で赤い果実がなります。
花期は8~10月、花言葉は「情愛」です。
愛知県・豊田市郊外にて撮影 A4ワイド額装 

e0091347_12315872.jpg


ユキワリソウ (雪割草)
山地の岩場、湿地の周辺、草地に早春に生えるキンポウゲ科の多年草です。
早春、まだ雪が残っている 3 ~ 4 月頃咲くので、雪割草という名前がつけられています。
別名をミスミソウ(三角草)と呼ばれ、これは艶のある葉が 3 つに別れて、
先がちょっと尖り、トランプの「クラブ」に似ているためです。
花言葉は「信頼」、花期は3月下旬~4月です。
石川県(能登猿山)にて撮影  A3額装

e0091347_12394826.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-28 12:41 | 写真展出展作品

写真展出展画像 8

タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)
わが国の固有種で、高山帯の開けた草地に生えるフウロソウ科の多年草です。
草丈は30~50cm、花径2.5~3cm、濃紅紫色の花が美しいフウロソウの仲間です。
花期は7~8月、グンナイフウロの花言葉は「可憐」です。
長野県(木曽駒ケ岳)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_15511498.jpg


ミスミソウ (三角草)
山地の岩場、湿地の周辺、草地に早春に生えるキンポウゲ科の多年草です。
名は艶のある葉が 3 つに別れ、先がちょっと尖り、トランプの「クラブ」に似ているためです。
花径は10~15㎜程、花言葉は「信頼」です。
愛知県(豊橋市郊外)にて撮影  A3額装

e0091347_15543413.jpg


ヤマアジサイ (山紫陽花)
別名サワアジサイといい、湿度のある山林に自生するユキノシタ科の落葉小低木です。
周辺部は装飾花で、中は多数の両性花をつけます。
小型で葉に光沢のないのが特徴です。
関東、東海地方のものは、白色で、その他の場所では、青やピンクの色が付きます。
花期は6月~7月、花言葉はアジサイとは違い「乙女の愛」「切実な愛」です。
福島県(裏磐梯)にて撮影  A3ノビ額装

e0091347_15583360.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-27 15:59 | 写真展出展作品

写真展出展画像 7

ヤマオダマキ (山苧環)
深山の林のふちなどに生えるキンポウゲ科の多年草です。
花は、紫褐色またはクリーム色で黄花のものをキバナノヤマオダマキと言います。
距から花の先端までは長さ 4.5cm程です。
花名の苧環(おだまき)とは、紡いだ麻糸を丸く巻いたもので、花の形がそれに似ているからです。
花期は6月~8月、花言葉は「協調性」です。
長野県(笹ヶ峰高原)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_19155893.jpg


トウゴクサバノオ (東国鯖の尾)
山地のやや湿ったところに生えるキンポウゲ科の多年草です。
草丈10~20cm花径1 cm弱です。
名前どおり、関東地方に多く、果実の形をサバの尾にたとえた名です。
花期は4~5月です。
花言葉は「不運の中での希望」です。
愛知県(豊田市郊外)にて撮影  A3額装

e0091347_19214726.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-26 19:23 | 写真展出展作品

写真展出展画像 6

レンゲツツジ (蓮華躑躅)
日当たりのよい草原に多く自生する高さ1~2mのツツジ科の落葉低木です。
全木にグラヤノトキシンなどの痙攣毒があり、花には蜜があるので気をつけなければいけません。
名はつぼみの様子が蓮華に見えることから名付けられたといいます。
花期は4~5月、花言葉は「堅実」です。
長野県(八千穂高原)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_21203686.jpg


ミズバショウ  (水芭蕉)
本州以北の山岳部の湿原に生息しているサトイモ科の多年草です。
白いのは花ではなく仏炎苞(ぶつえんほう)で、本当の花は中心部の黄色いところについています。
葉がバショウ(芭蕉)の葉に似ているので、この名前がついたそうです。
花言葉はこの花にふさわしく「美しい思い出」です。
長野県(斑尾高原)にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_21253390.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-25 21:26 | 写真展出展作品

写真展のご案内 & お礼

いつもブログを見て頂けて大変ありがとうございます。
今回、下記のように「野草風薫」写真展を開催いたします。
e0091347_2217557.jpg

珈琲館ピアの詳細な地図です

私にとって野草と向き合っている時は無心の境地です。
野草から癒しと勇気をもらっています。
そしてそんな気持ちを写真という形ですが、
見て頂ける方が少しでも、又一瞬でもいい、何かを感じ取っていただけたらと・・・
そんな風に考えています。

皆さまのお越しをお待ちしております。


「花詩」 「紫陽花の会」  会員


2月24日記
本日、写真展も無事終わりました。
いろんな方がおいで頂け本当に有難うございました。
お陰様で、野草の話、写真の話等でとても楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
これを糧として、又来期に向けて頑張りたいと思います。
よろしく応援、ご指導をお願い致します。

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-24 17:30 | 写真展出展作品

写真展出展画像5

シロバナカタクリ ( 白花片栗 )
カタクリの白花品種です。
見つかるのは1万本に1本、20万本に一本の確率と言われ、
自生ではそれほど希少だということです。
花期は3~5月、花言葉は花の雰囲気そのもので「 静かな貴婦人」です。
白馬山麓にて撮影   A3ノビ額装

e0091347_15443279.jpg


イワシャジン (岩沙参)
キキョウ科の多年草。
草丈20~40㎝程、花径は15~20㎜程です。
和名は根の形が朝鮮人参に似ているので、ツリガネニンジンの漢名である「沙参」と、
岩場に生える花であることから「イワシャジン(岩沙参)」と名付けられています。
花期は8~10月、花言葉は「感謝・誠実」です。
浜松市北部にて撮影  A3ノビ額装

e0091347_15544829.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-24 15:55 | 写真展出展作品