<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

オフ会

JIKOMAN属オフ撮影会が愛知県民の森でありました。
初めての試みで、午後からの天気予報は90%の雨という事だったのですが、薄日のさす間もあり、皆の行いがよかったのか、なんとか一日もってくれました。
撮影好きのメンバーとはいうものの、それぞれ普段の被写体は異なり、興味の示し方がそれぞれ違うのでそれが余計におもしろく興味深い、楽しい撮影会となりました。

私のはありきたりの紅葉写真ですが・・
e0091347_2130415.jpg
e0091347_21304118.jpg
e0091347_2131863.jpg
e0091347_21313827.jpg
e0091347_2132650.jpg
e0091347_21324258.jpg

ヤブツバキでしょうか?
e0091347_21333218.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-30 21:35 | 愛知県民の森

思い出の花達 4

 キスミレ (黄菫)
山地の明るく、乾燥気味の草地に生えるスミレ科の多年草です。
黄色の中輪で唇弁と側弁に横一文字の紫条が何本か入っています。
絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
花期は3月末~4月上旬、花言葉は「追憶」です。
葦毛湿原上の尾根づたいに歩き、こちらも場所は分かっていながら、3年目の出会いでした。
e0091347_2211892.jpg
e0091347_2214485.jpg

2009.3.26撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-29 22:06 | 葦毛湿原

思い出の花達 3

 ラショウモンカズラ (羅生門葛)
山地の林の中などに生えるシソ科の多年草です。
横にはった地下茎から立ち上がり、草丈20~30cm、花径は3~4cmもあります。
名はこの花の形を平安時代、羅生門で武将が切り落とした鬼の腕に見立てて付けられています。
花期は4~5月、花言葉は「幸せを」です。
この花も私がず~~と出会いたいと思っていた花、初めて奥伊吹で出会った時の感激!!今もしっかり覚えています。
e0091347_13242029.jpg
e0091347_13244286.jpg
e0091347_1325279.jpg

2009.5.10 伊吹北尾根にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-28 13:27 | 伊吹山

思い出の花達 2

 オキナグサ (翁草)
山野などの日当たりのよいところに生えるキンポウゲ科の多年草です。
根は丈夫で深く地中に入り、春、冬枯れした葉の中心から白い毛に覆われた若葉と花茎を伸ばします。
花径は3cm程、暗赤紫色で下向きに開花、花弁のように見えるのは正確には萼片です。
花後、長いひげを持つ種ができ、これを白髪頭に見立ててこの名が付いています。
オキナグサには「迎春花」という 素晴らしい夢のある別称もあります。
花期は2~3月、花言葉は「何も求めない・ 清純な心・ 背信の恋」です。
e0091347_17285114.jpg
e0091347_17292168.jpg
e0091347_172942100.jpg

2009.3.19 浦川にて撮影
[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-27 17:31 | リバイバル

思い出の花達 Ⅰ

今シーズンの野草もほぼ終わりとなってしまいました。
来年1月末にはセツブンソウが咲き始め、次のシーズンが始まります。
それまでの間、今シーズンに初めて私の野草図鑑に加わった花達を紹介していきたいと思います。

今シーズンは私は高山植物へのデビューの年で
今まであまり県外には出ていなかったのですが、
初めて出かけた高山での野草との出会い、その感激を写真に込めてみました。
つたない写真ですがご覧いただけたら思います。


 サンカヨウ (山荷葉)
深山の林の中に生えるメギ科の多年草です。
草丈は30~60cm、フキの葉のように大きい葉が2枚つき、葉の中央部は深く切れ込み、不ぞろいの鋸歯があります。
茎頂に花径2cmの白色の花を数個つき、花後には濃い青紫の液果をつけます。
花期は5~7月、花言葉は「幸せ」です。
e0091347_23231739.jpg
e0091347_232487.jpg

2009.5.10 伊吹北尾根にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-26 23:27 | 伊吹山

紅葉 Ⅲ

明神渓の紅葉です。
e0091347_21345638.jpg
e0091347_21351096.jpg
e0091347_21352482.jpg
e0091347_21354165.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-21 21:36

海岸に咲く花 Ⅱ

 アゼトウナ (畝唐菜)
暖かい地方の海岸の岩場に生えるキク科の多年草です。
よく似たホソバワダンとは、地域的にすみわけています。
本種は主に太平洋側に多く、ホソバワダンは日本海側から東シナ海に面した海岸に多く、
ホソバワダンとの識別ポイントは本種は下部の葉が茎を抱いていないのですが、ホソバワダンでは基部が深く茎を抱いています。
磯の岩場で、海と陸を仕切っていることがあります。
このような岩は敷居の真ん中にある『アゼ』と似ているので、そこから付いた名前のようです。
花期は10月~12月と寒くなるまで咲いています。
花言葉は「変わらぬ愛」です。
e0091347_14525916.jpg
e0091347_14532123.jpg
e0091347_14533729.jpg
e0091347_1453511.jpg
e0091347_1454568.jpg
e0091347_14541990.jpg
e0091347_14544084.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-19 14:56 | 海岸に咲く花

海岸に咲く花 Ⅰ

 イソギク(磯菊)
イソギクは千葉県犬吠崎から静岡県の御前崎に至る海岸の崖地に生育するキク科の多年草です。
崖に生育する場合には株状となり、平坦地では地下茎によって広り、カーペット状に生育します。
葉は長さ4~8cmで厚く、裏面には白毛が密生、毛は葉の縁まであるので表面から見ると葉が白く縁取られているように見えます。
毛が多いので、海岸崖地という乾燥しやすい生育立地に適応していて、岩場に咲いているので絵になります。花期は10月の末~11月、花言葉は「感謝」です。
私は絵になるようなところに咲いていてくれて、感謝です。
e0091347_12195036.jpg
e0091347_1220548.jpg

e0091347_1752937.jpg
e0091347_12203521.jpg
e0091347_12204817.jpg
e0091347_2054255.jpg
e0091347_2061996.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-17 12:27 | 海岸に咲く花

晩秋に咲く野草 Ⅲ

 ヤクシソウ (薬師草)
日当たりのいい山の道端に生えるキク科の1年~2年草です。
名前の由来は、葉の形が仏像の光背に似ているからという説薬師堂の近くで発見されたからという説等、多数あります。
花期は8~11月、花言葉は「不信感」です。
まだ、なんとか頑張って咲いています。
e0091347_17573681.jpg
e0091347_1758174.jpg
e0091347_17585396.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-14 18:00 | 身近な野草

紅葉 Ⅱ

三河湖の紅葉です。
e0091347_21464060.jpg
e0091347_2147468.jpg
e0091347_21472710.jpg
e0091347_21474385.jpg
e0091347_21475896.jpg
e0091347_21481148.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-11-12 21:49