<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

春の訪れ

     セツブンソウ   (節分草)
石灰岩質の山林の落葉樹林下や土手などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
セツブンソウの名前のように早春の節分の頃から花が咲き出します。
直径が2cmほどの白い花が咲き、花びらのように見える部分はがく片で、花びらは黄色い蜜腺に変化しています。
花期は2月~3月、花言葉は「清涼」です。

まだちょっと早いかな~と思ったのですが、咲いてくれていました。
ただただ、笑顔ですね~
e0091347_16434719.jpg
e0091347_1963439.jpg
e0091347_1963814.jpg
e0091347_1965233.jpg
e0091347_1965624.jpg
e0091347_1837474.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-30 19:07 | 東三河

見慣れてしまった野草達

山地の湿り気のある林下等に入ると良く見かける野草です。
初めて出会った時にはワクワクして撮ったのですが、今では・・・
あの頃はどんな野草でも新鮮に目に映ったものです、当時が懐かしいです。

    ツリフネソウ (釣舟草)
e0091347_2046651.jpg


    クサアジサイ  (草紫陽花)
e0091347_20471410.jpg

2012年 9月上旬 豊田市郊外にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-28 20:53

早春に咲く野草

      コセリバオウレン(小芹葉黄連)
山地の林下に見られるキンポウゲ科の多年草です。
太平洋側に分布するオウレンのうち、3回3出複葉という細かな切れこみのある葉を持つものは、コセリバオウレンと呼ばれて区別されています。
1回3出複葉はキクバオウレン、2回3出複葉はセリバオウレンです。
他のオウレンに比べると、花や葉の大きさをはじめ、全体に小さいのも特徴です。
花径は5~7㎜程しかありません。
まだまだ咲き始めで、小雪がちらつく中で撮ってきました。
e0091347_1821924.jpg
e0091347_1823796.jpg
e0091347_1824432.jpg
e0091347_184088.jpg
e0091347_182531.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-25 18:05

クリスマスローズ

    ニゲル
クリスマスローズという名前は、本来、キンポウゲ科(Ranunculaceae)
ヘレボルス(属)(helleborus)の一種であるニゲル(英名:クリスマスローズ)
のことを言います。
ニゲルは、ヘレボルスの中では早咲きで、英国ではクリスマスの時期に咲く
ことから、クリスマスローズの名前がついたと言われています。
よって、正しくは学名の「ヘレボルス」を用いますが、日本では一般的にどの種もクリ
スマスローズと呼ばれています。

クリスマスローズの原種ニゲルです。
ニゲルという名前の語源は、植物の根が黒く見えることにより、古くは薬草としても使用されていたそうです。
このニゲルの白い花には次のようなお話があります。
キリストが誕生したときに貧しい一人の少女がお祝いに駆けつけたのですが、誕生を祝う贈り物が無く悲しんでいるときに、少女が流した涙の落ちた土の中から忽然と真っ白なニゲル(クリスマスローズ)が咲きみだれ、少女はその白い花を花束にして聖母マリアとキリストに捧げたと言い伝えられています。

我が家には100株以上のクリスマスローズがありますが、まだまだ他の種は蕾が出始めたところ、
咲くには一カ月以上はかかりそうです。
それだけ、この原種のニゲルが早いという事です。
e0091347_1555247.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-23 15:57

小さな花達

      ホソバノアマナ (細葉甘菜)
右手の赤いのは紅葉の新芽です。
e0091347_2085573.jpg


      タチカメバソウ (立亀葉草)
e0091347_20101690.jpg

2012年 5月  茶臼山にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-21 20:12 | リバイバル

多分、ナエバキスミレ?

野草だけでなく、花名も偶然の出会いなのでしょうか?
ずっと分からなかったこのキスミレ、たまたまネットで見ていたら・・・
花と出会ったのは去年の奥裾花自然園での事、
急な斜面に黄色いスミレが、最初はキバナノコマノツメかと思っていたのですが・・・どうも違うよう、
急な斜面でやっとの事でよじ登り、ずり落ちないように木につかまり
片手で撮ったのがこの写真です。

葉と葉柄の出方からしてナエバキスミレと思うのですが、どなたかお分かりになる方、
教えて下さい。
ナエバキスミレ(苗場黄菫)はオオバキスミレの小型化した変種だそうです。
e0091347_18111893.jpg
e0091347_18114395.jpg

「Nature World-隠れ野」サイトのアッキーマッキーさんがお教えいただけました。
やはりナエバキスミレという事です。
有難うございました。
[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-19 18:13

戸隠高原のミズバショウ

戸隠高原の中の宿の庭の水芭蕉です。
数年前に訪れた時には木々の向こうに山が見えたのですが、今は木が伸びてもう山は見えません。
先代が沼地ごと購入して宿を作ったとか、その当時はわずかだった水芭蕉がご覧の通りになったそうです。
e0091347_151419100.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-18 15:17

今年はどこに?

     黒沢高原の湿原から
去年はいろんな湿原に出かけ、それぞれ雰囲気の違う早春の水芭蕉を撮る事ができました。
さて、今年はどこへ???
目下本やネットで調べながら、見当しています。
これは黒沢高原近くの小さな湿原の水芭蕉、バックは鹿島槍です。
e0091347_18424560.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-17 18:45

霊仙山の花達

      ミスミソウ (三角草)   画像発掘から
ここは大分減ってしまったようで、数は少なかったですが、
山の斜面にひっそりと可愛く、且つ力強く咲いていました。
e0091347_1915135.jpg
e0091347_192865.jpg


     スズシロソウ(蘿蔔草)
e0091347_22324274.jpg

2012年 4月中旬  霊仙山にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-15 19:05

サンインシロカネソウ

       サンインシロカネソウ(山陰白金草)  画像発掘から
本州福井県以西からの日本海側に分布し、山奥の水がしみ出したような谷間、渓谷等に咲く
花径1㎝弱の可愛らしい花です。
e0091347_17313366.jpg

2012年 4月中旬  滋賀県湖西にて撮影

[PR]
by fairysilva2 | 2013-01-14 17:33